アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
はいかい日記
ブログ紹介
古希間近の男。犬の相手でそこらをデジカメ徘徊。始めたばかりの俳句を載せてみたくて改名しました。
zoom RSS

彼岸

2019/03/21 18:32
                優待のじじばば勇む彼岸園

画像

                彼岸入りの日、孫の内4人が揃ったので、

                リクエストに従がい水族園へ。

                平日で空いていたから良かったが、

                追掛けるだけで大事だった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


なずなの花

2019/03/20 22:12
                薺咲く二百余段の通学路

画像

                どこにでも見かける小さな花。

                高台の住宅地に移った小学校に通う、

                旧村地区の子供達は毎日ご苦労なこと。

                老人の足腰を鍛えるには良いのだが。
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


落椿

2019/03/19 21:24
                苔庭のここぞとばかり椿落つ

画像

                大木の梢に羽音がしてツバキが落ちて来た。

                何奴かが狼藉を働いているらしい。

                わが家の庭のも啄まれて見る影がない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


黄水仙

2019/03/18 21:49
                腰痛に手を遣る朝や黄水仙

画像

                いつもうつむき加減に咲く黄水仙、

                腰痛にそっと手を遣るわが姿に似て。

                今日は下の孫にだっこをせがまれた。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


牡丹の芽

2019/03/17 18:28
                いにしへの土器焼く炎牡丹の芽

画像

                牡丹園の花の色を思う前に、

                いつか見た火炎土器を想像した。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


散り梅

2019/03/17 09:45
                梅散ってもとの田舎の風になる

画像

                今年はメジロが余り庭に来なかった。

                山の木の実が豊かだったのか、

                ミカンを挿して遣らなかったからか。
 
                メジロが畑で盛んに梅を散らしていた。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ミモザの花

2019/03/15 21:26
                校門の教諭にこやか花ミモザ

画像

                既に三年生を送り出した中学校、

                朝の門立の先生方もひと息の風情。

                知らなかったが、先生の働き方も

                いつの間にか何かと大変だとか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2019/03/14 21:56
                  きぎす啼く野辺は畿内の西の果

画像

                 いつもは遠くで声を聞くだけだが、

                 今日は一瞬だが姿を見せてくれた。

                 僅かに残った里山に生きている。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


春めく

2019/03/13 22:19
                春めくや行交ふ人も吾も素手

画像

                朝、出がけには手袋をして行くのだが、

                やがて知らず知らずに脱いでいる。

                これが春めくと言うことだろうか。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


畑打つ

2019/03/12 23:15
                畑打つやエンジン宥め励ましつ

画像

                鍬でも打てそうな僅かな畝、

                馴れぬ耕運機でご苦労なこと。

                しかし、羨ましい風景です。
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


春泥

2019/03/11 19:56
                   ふるさとは九谷焼く里春の泥

画像

                   雪も降らず泥濘に悩むこともないこの辺り、

                   春の泥と言えば田舎を思ってしまう。

                   里山から茶碗や瓦を焼く粘土が取れ、

                   春先はいつもぬかるんでいた。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


卒業

2019/03/10 19:23
                門前に黒衣の教諭卒業日

画像

                 近くの高校も中学校も卒業期。

                 昨日は孫の保育園の卒業式で、

                 父兄、兄弟、爺婆まで一族列席し、

                 その足でお祝いに温泉一泊でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2019/03/08 23:35
                蓬生ふ路標に布施畑阿弥陀堂

画像

                早々と蓬が茂っている村の旧道。

                ワンちゃんが立寄りそうな場所で、

                手を出すわけには行かないが。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


春椎茸

2019/03/08 16:46
                 椎茸の育ちて春の雨上る

画像

                公園の隅に園丁達が置いた榾木、

                永く干乾びていたが一雨来たら

                やっと笠を開いてくれた椎茸。

                この辺り、乾燥しているから難しい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


いかなご

2019/03/07 19:33
                いかなごの海を背にして蕪村句碑

画像

                先日から播磨灘のイカナゴ漁が始まった。

                去年は不漁で手に入らなかった。

                未だ釘煮の匂いが流れてこないのは、

                今年もやはり高値なのだろうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


啓蟄

2019/03/06 18:09
                 啓蟄やそろり土踏む太極拳

画像

                地虫出ずと言っても何も出そうにないが、

                芝生を歩くと何となくそんな気分になる。

                降ったり止んだりの啓蟄の日だった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


山茱萸の花

2019/03/05 23:17
                山茱萸の花を待つ間も黄を尽くす

画像

                行付けの公園の木は未だ冬木の儘だが、

                この陽当りの木は蕾を揃えていた。

                黄梅が咲き菜の花が咲けば春本番。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


春の水

2019/03/04 20:12
                鳶空に待たせて春の水に釣る

画像

                鮒も鳥も猫も人もみな顔見知りの釣り堀。

                枝には鷺が、空には鳶が待っていた。

                春の水と言うにはやや濁っていたが、

                魚はもう蠢き出しているようだった。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


雛祭

2019/03/03 22:28
                雛あられ抓む三月三日かな

画像

                孫達が来ないとお雛様も飾らず、

                何の気配もない節句と思っていたら、

                雛あられだけは買ってあった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


黄梅

2019/03/02 19:49
                広がりて陽射分け合ふ迎春花

画像

                ロウバイ、コウバイと辿って来て

                やっと至り付く黄色い春の花。

                迎春花とはきれいな名前だが

                黄色ではどうもしっくり来ない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

はいかい日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる