テーマ:50代以上のBlog

梅雨長し

猫無聊人はつれづれ梅雨長し もうそろそろかと期待するが、 未だそんなに遅れてはいないとか。 それよりは梅雨寒が気になる今年。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合歓の花

                いつもとは違う朝道合歓の花                 七月を待ちかねて咲き出したが、                 あいにくの雨で寝乱れ髪の様な花、                 甘い香りも降りてこない、梅雨晴間が待ち遠しい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十薬の花

                ドクダミの薄き花びら厚き白                 ドクダミの花は深く厚みのある白だが、                 触って見ると薄い薄い花弁だった。                 あの葉の匂いに惑わされたか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楊梅

                わが里は楊梅生らぬ北の国                 山桃が熟れて零れ始めたら、                 レジ袋を持ったおばさんが来ていた。                 山桃にも自生の北限線があって、                 田舎はこの少し北側だった様だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南天の花

                花南天零れ続けて幾日ぞ                    車の上にも頭の上にも零れていたが、                 やっと咲き終えた南天の花。                 後は冬の赤い実を待つのみ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柘榴の花

                子安神在す里宮花柘榴                  拝殿には腹帯授受承ります、との貼紙。                 余り需要の無さそうな里村だが、                 上のマンションからは小学生がぞろぞろと。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草刈

                見返れば後ろ姿は草刈女                 すくすく伸びて来た公園の向日葵畑                 刈払い機を振り回すのは女園丁さん。                 鎌で畦草を刈るのも大変な作業だった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪ノ下

                久々に赤子泣く路地雪ノ下                 田舎の家の背戸にも咲いていた、                 おくるみの赤ちゃんの様な形の花。                 薬効色々とかでお世話になった筈。 
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えごの花

                物療の終わる日えごの花は実に                 白いえごの花を撮っていたのだが、                 アップせぬ内にもう実になっていた。                 足掛け三月の医者通い、やっと終えた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

守宮

                守宮来と写真電送孫の許                 昔は「ロンドン発AP共同…」と電送写真、                 今は爺通信が。便利になったものだ。                 庭に住みついた守宮、今年も出て来た。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫陽花

                紫陽花の譲れぬ好み色はこれ                   七変化などと言う鑑賞もあるが、                 やっぱりこれという好みもある。                 雨が降らず少し自信なげな紫陽花。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枇杷

                夜な夜なに蠢き膨る枇杷の種                 昔、納屋の屋根に上って食べた                 枇杷の種の大きさがよみがえる。                 街外れの崖の上の枇杷の実、                 誰も採らぬと思へばいつの間にか無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏茱萸

                夏茱萸に冠正さず通りたり                 見ただけで口中に唾が湧いたが、                 山道ならいざ知らず家の庭先では、                 啄んで見る訳にも行かず…                 それにしても綺麗な色だった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木耳

                売れ筋は湯葉に木耳弘法市                 昨日21日は妻のお供でお大師詣り。                 ばあさまの好きな参道の店で、                 何か面白い物は無いかと探したら                 きくらげが六月の物だった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏至

                雨近き夏至の日差のおぼつかな                 梅雨入り宣言まだの儘の夏至。                 晴れているのは助かるが                 けっこう蒸し暑く感じる今日、                 久しぶりにお大師に連れて行かれた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あめんぼう

                重なって二人羽織のあめんぼう                 足の数がおかしいと見たら                 二匹重なっている最中だった。                 水面を優雅に滑っているが獰猛な肉食。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more