アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
はいかい日記
ブログ紹介
古希間近の男。犬の相手でそこらをデジカメ徘徊。始めたばかりの俳句を載せてみたくて改名しました。
zoom RSS

冬日和

2017/11/20 19:50
                なで肩の手押しポンプに冬うらら

画像

                前から気になっていた庭先のポンプ。

                使われていないようだが懐かしい形。

                錆も進まず、日向ぼっこの婆さんの様。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


返り花

2017/11/19 20:03
                成り行きに委ねて淡し返り花

画像

                近隣を探したら幾つか咲いていた。

                躑躅、青林檎、それにベニウツギ。

                今度は桜の帰り花を探してみよう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


七五三

2017/11/19 14:34
                子沢山今年どの子の七五三

画像

                今日あたりはお宮さんが賑っているだろう。

                きょう日は三人もの子連れは子福者。

                うちの孫、3人x2 もいてくれるから

                爺と婆は毎年こんな会話となる幸せ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


冬の蜘蛛

2017/11/18 21:01
                さりげなく絵心見せて冬の蜘蛛

画像

                蜘蛛にとっては迷惑だろうが、

                風の悪戯、見る方はなかなか楽しい。

                冷え込んで来たのにまだ頑張っている。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


八手の花

2017/11/18 16:27
                酒壺の並ぶ社務所に花八つ手

画像

                いつもは無人の鎮守の社務所、

                時々の祭礼の後には空瓶が並ぶ。

                御神酒にしては少し多いと思うほどの。

                今日からここも神の留守。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


柊の花

2017/11/17 19:56
                脇宮に龍王稲荷花ひいらぎ

画像

                今日はまだ陰暦九月晦日だから

                神々は旅立ちの支度の日。

                鎮守の大歳神社には脇宮が五柱も。

                誰が留守番されるのやら。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


冬めく

2017/11/17 15:35
                詠み終へぬ花のあれこれ冬めきぬ

画像

                十月の季寄せの紙数に比べて、

                十一月の少ないこと、だから積み残し多し。

                けれど季節は一日も待ってくれない。

                これは瀬戸内に咲くノジギク、もう終いの頃か。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


茶の花

2017/11/16 23:25
                門前の路地に茶の花日和かな

画像

                華やがず飾らず垣の茶の木咲く
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


茨の実

2017/11/16 16:20
                印象を変へて見たくて茨の実

画像

                初夏に白い花を付けていた野茨が

                枯藪にささやかな実を残している。

                どうしても棘が気になる役回り。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


時雨

2017/11/15 19:54
                待たされて絶食検査朝しぐれ

画像

                主治医にそろそろと言われる前にと、

                殊勝にも行った定期健診だったが、

                空腹を抱えて待たされること頻り。

                待合室は余り混んでいなかったのに。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


柿剥く

2017/11/15 11:07
                切らぬやう切らさぬやうに柿を剥く

画像

                渋柿を剥くのだけは人に任せない。

                昔ながらのおぼつかない手付きながら。

                これも年寄の郷愁のひとつ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


冬耕

2017/11/14 19:04
                冬耕の園丁なにの花想ふ 

画像
 
                公園で見かけたささやかな冬耕だが、

                田舎の出には懐かしい風景。

                コスモスが終わったら春は菜の花、

                夏は向日葵へと変わる花の丘。
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


末枯れ

2017/11/14 13:07
                人誰も辿り行く道末枯るる

画像

                うらがれはうらぶれを思い 身に入む季語。

                冬の街に末枯れを探して見たら、

                カシワバアジサイに行き着いた。

                もう末枯れは通り過ぎた吾かも。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


山椒の実

2017/11/13 19:36
                実山椒朝な登山の記帳箱

画像

                神戸で盛んな毎朝登山の折返し点。

                誰かが植えたか小鳥が種を零したか、

                山椒の若木に黒い実がなった。

                ピリリと辛いと言うが生で噛んだことは無い。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あおぎり散る

2017/11/13 15:17
                梧桐散る世の行く末を憂ひつつ

画像

                この一枝で散り終いの梧桐の木。

                天下の秋を知る 桐ではないけれど、

                世の行く末を案じる風情と見えた。

                かの楠木正成ならずとも。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


無花果

2017/11/12 19:36
                無花果のパックに妻の里の町

画像

                今頃になってこの秋初のイチジク、

                妻が農協の売店で買ってきた。

                昔、実家の畑に大きな木があって、

                登ってはたらふく食べていたから、

                店で買う物ではないと思っていた。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ガレージセール

2017/11/12 12:49
                樟脳の匂い漂ふ冬の市

画像

                日曜日の公園の風景。

                ぼろ市とも蚤の市とも言うらしいが、

                冬着市と言うと和服になるそうだ。

                こんな物ならわが家にも一杯あるぞ。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


桜紅葉

2017/11/11 22:49
                哀愁の漂ふ桜もみじかな

画像

                楓の紅葉を待つ間の桜紅葉。

                華やぎは春の花に使い尽くして、

                今はささやかに、しんみりと。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


石蕗の花

2017/11/11 17:00
                犬小屋の跡の日溜り石蕗の花

画像

                瀟洒な庭園に似合うツワブキの花、

                わが庭にも一株あっていま花盛り。

                2年前に送った老犬の好みの場所だった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


干柿

2017/11/10 19:43
                柿吊るや障子の影に孫の顔

画像

                 今年の例によって干柿を少しばかり。

                 孫達がハイキング先で頂いた物に、

                 農協へ走って少し買い足してきて、

                 ベランダに吊って悦に入っている爺。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

はいかい日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる